花粉症についての基礎知識

MENU

花粉症についての基礎知識

春や秋など花粉が飛ぶ時期になると、くしゃみや鼻水、目のかゆみや充血などの症状が現れるのが花粉症です。
数年前から爆発的に花粉症になる人が増えてきましたが、現在は日本人の約30%に発症していると言われています。
これはあくまでも病院などにかかっている人を対象に調査した数字なので、潜在人口や軽度の症状が現れている人を合わせると、もっと多くの人が花粉症になっていると考えられています。

 

このように花粉症患者がどんどん増えている背景には、アレルゲンが引き起こされる原因が特定しづらいことが関係しています。
花粉症の直接的な原因は花粉と、それに過剰反応してしまう体の免疫機能ですが、こういった異常を引き起こすことも要因と考えられます。
例えば、食生活が不規則だったり、ファーストフードや加工食品ばかりを食べていると、アレルギーが起きやすい体質になってしまうのです。

 

とは言え、花粉症の根本的な原因は当たり前ですが花粉が体内に侵入することで、ウイルスなどの侵入を防ぐ働くをする免疫機能が、本来なら害のない花粉を異物と認識してアレルギー反応を起こすからです。
免疫機能によって花粉をアレルゲンと判断すると、体内では花粉に反応して排除するためのIgE抗体という仕組みが生成されます。

 

IgE抗体がアレルゲンを排除しようと働くと、鼻水や涙で花粉を流そうとしたり、くしゃみなどで体外に排出しようとする働きが起こり、これが花粉症の症状となるのですね。

 

アレルゲンとなる花粉は、一般的にはスギやヒノキが有名ですがこれだけではありません。
秋に群生するブタクサやシラカンバなどでも症状が発症することがありますし、オオアワガエリやカモガヤという花粉で花粉症になる人もいます。
ちなみに、花粉症を引き起こす植物は、日本に約60種類以上もあると言われています。
また、一つの花粉だけに反応するというわけではなく、人によっては複数の花粉がアレルゲンとなることもあるので、重症化する前にしっかりと対策を行っていきましょう。

 

花粉症についての基礎知識記事一覧

花粉症を引き起こす代表的な植物はスギやヒノキですが、現時点で分かっているだけでも約60種類あると言われています。特にスギは冬から春にかけて大量の花粉を飛ばすので注意が必要ですが、アレルゲンとなるのはスギだけではないので、自分が住んでいる地域に花粉症の原因となる植物が生息していないかをきちんとチェックしましょう。また、花粉が飛散する時期というのも植物によって違うので、しっかり把握して早めに対策を取っ...


イハニアappエネォ